■■常識を信じてはいけない。その理由。

2015年8月24日 07:10

科目:

  • 病院

記事カテゴリー:

    ■自分がやりたいことをやり続けるためには、“やりたいことをできない人”たちが作った“常識”を信じないこと。
    ■考えてみれば、
    世の中で“常識”と呼ばれるものは、
    ○○なんて、できないのが常識
    とか、
    ○○しないのが常識
    とか、っていう、
    短所是正やマイナス発想を言葉にした物がほとんど。
    ■「人は空を飛べない」は常識?
    プラス発想するなら
    「じゃあ、空を飛べる乗り物作ればいいじゃん」
    「遺伝子操作して、人に羽根生やせばいいんじゃない」(例えが極端ですが)
    マイナス発想は
    「人が飛べるわけないじゃん。羽根生えてないし、乗り物が飛ぶわけないし」
    そして、マイナス発想が常識になる。
    残念ながら、
    世の中の多くの人に、
    “人は飛べない”と思った時に、“じゃあ、飛べるようになるために何やろうか”という視点がないから。
    ■マイナス発想が常識になるのは、
    マイナス発想の人の方が、
    なんとなく“正しそうなこと”を言うし、
    できないことなんて、挙げようと思えば幾らでもたくさんあるわけで、
    マイナス発想の人は、それをもっともらしく言うから、
    “何も考えていない人”は
    「そう言われると、そうなのかもな」
    と思っちゃうから、なんでしょうね。
    ■今できないことをできるようにするために行動する、のがプラス発想。
    今できないことを嘆くだけで、自分から何も動かない、のがマイナス発想。
    そして、世の中、マイナス発想の人が多いのが現実。
    自分にない物を嘆いて、他人を妬むだけの人。自分から動いて、今無い物を得ようとしない。
    だから、マイナス発想の人が言う、“もっともらしいこと”が多くの人に共感される。
    それが“常識”と呼ばれる物の正体。
    ■そもそも、
    “誰もやったことが無いこと”
    “誰もやって無いこと”をやる事”
    にこそ価値があるわけで、
    “誰かが既にやってるもの”
    は価値が低い。
    だとすると、
    まあ、
    自分の価値が低くてもいい、という人
    には当てはまりませんが、
    少しでも、
    価値ある生き方をしたい、
    とか、
    自分の価値を高めたい、
    と願っているなら、
    常識を信じる事は邪魔にしかならない。
    何故なら、常識通り行動することは、自分の価値を低くする行為に他ならないから。
    ■原理原則と常識は違う
    原理原則は信じるものだけれど、常識は信じるべきじゃない。
    耳に入ってきた“もっともらしいこと”が原理原則なのか、常識なのか、を見極めることが大切。
    ■常識を信じると、自分の人生の可能性を潰すことになる。
    だから、
    「○○するのは常識でしょ」
    とか
    「○○しないのは常識でしょ」
    っていう話し方をする人の言葉は信じない方かいい。
    だいたいそういう人はマイナス発想のプロだから。
    ■ある支援先で、
    「医療機関で組織化は無理だと思ってました。」
    と言われたことがあります。
    その先生にとっては、“医療機関の組織化は無理”が常識だった。
    そう思ってしまうのは、
    “組織化された医療機関”を知らないから。
    だから、できない、を常識としてしまう。
    でも、世の中には、
    多くの人が“できない”と思う段階で思考を、行動を止めてしまうことに対して、
    “じゃあ、どうやったらやれるかな?”
    と考えられる人が絶対にいるのです。
    ■そして、そういう人たちが一般的には“成功者”と呼ばれる。
    “成功者はだいたい非常識人”的なことはよく言われますが、それは当たり前。
    こう考えると、“成功者”と“そうでない人”の違いは、“じゃあ、どうやったらやれるかな”と思考を一歩進めるか否か、という点だけ。
    発展するためには、“じゃあ、どうやったらやれるかな”精神で生きればいい。
    ■できない、というマイナス発想してしまう人を覚醒させる一番の方法は、
    “できないと思っていたことをやってる事例を見せつけること”
    です。
    だから、びっくり事例を見せることが大事。
    「あらっ、できないと思ってたけどできるんじゃん」
    と思わせれば勝ち。
    経営者のマイナス発想をプラス発想に切り替えるには、それが一番手っ取り早い。
    そこが切り替われば、伸びます。
    伸びる経営者と伸びない経営者の“小さな差”、でも“絶望的に違う差”はそこにある。
    だから、びっくり事例を紹介することが大事なのです。
    ■一つ気をつけなければならないのは、
    “じゃあ、どうやったらやれるかな”精神で進んでいくと、
    そこかしこで
    「それは常識から外れてるよ」
    とか
    「非常識だからやめた方がいい」
    と、ご丁寧にも“親切そうに”アドバイスしてくれる人がたくさんいることです。
    ご本人たちは、本心から、親切心でアドバイスをくれるのでしょうが、残念ながらそんなものは信じてはだめ。
    信じた途端、“やりたいことを実現する可能性”から遠く遠く、離れていくことになります。
    だから、付き合う人は選ばないといけない。
    ■こう考えると、
    世の中に、
    原理原則を信じる人、
    “じゃあ、どうやったらやれるかな”精神で生きる人、
    プラス発想の人、
    を増やすだけで、
    とてもいい世の中になりそうですね。
    メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉