お付き合いされている税理士・社労士さんは、信頼に足る方ですか?

2015年8月23日 13:51

科目:

  • 病院

記事カテゴリー:

    ご支援先で実際にあった、
    社労士がスタッフに悪影響を与えていた、というお話し。

    ■それは、顧問の社労士がどうやら従業員面談やミーティングに参加する中で、

    スタッフに
    「有給は従業員の権利」
    ​「有給なんてとれて当たり前」
    「有給消化を促していない院長がおかしい」
    と吹き込んでいること。
    スタッフに聞くと、所長ではなく従業員の社労士が来ている模様。
    ■確かに法律で有給消化は権利として認められている。
    有給を使うことはまったく問題ない。
    そこに文句を言うつもりもないし、言えない。
    ■けれど、
    経営者に依頼されて顧問を引き受けている
    「使用者側」に立つべき顧問社労士が
    「なぜ従業員発想の人間なのか」
    「なぜ経営者発想できない人間が、顧問先のスタッフマネジメントまで口を出すのか」
    顧問として、「先生」とスタッフに呼ばれいい気になっているのかもしれないけれど、
    非常に腹立たしいなぁ。
    ■この半年で医院の雰囲気がおかしくなった。
    なんだかうまくいっていない。
    というのが今日の支援先の院長の悩み。
    ■根本的には、この院長がその社労士に顧問を依頼していることそのものが
    全てのうまくいっていない根源。
    「誰を信頼するか」​
    ​はその人のレベル感がそのまま反映される。
    ■だけれども、
    経営者を相手にする顧問サービスを提供する
    社労士、税理士が、経営者レベルの低い人間を顧問先に送り込む、というのに
    非常に憤りを感じます。
    所長が来い、と。
    ■船井総研でコンサルティングを行うには、自分の経営者度を上げるしかない。
    本当に信頼されるにはそれしかない。
    なぜなら、経営者と仕事をするから。
    経営について真剣に、経営者と同じレベルで議論するから。
    ■同じように、経営者を相手に仕事をする税理士、社労士などの士業事務所も経営者度合いの低い人は、顧問なんか引き受けるべきでなはい、とさえ思う。
    ■それと同時に、
    船井総研は士業事務所のコンサルティングも行っており、
    「顧問獲得」をテーマにセミナーや支援がありましたが、
    顧問先が増える、増えないの理由もはっきりしたなぁと。
    ■つまり、
    経営者度の低い士業の先生に、経営者が顧問を頼むはずがない、ということ。
    自身の事務所の業績が伸びていない
    従業員数が少ない、自分の事務所で人のマネジメントの経験をしていない
    そんな人が顧問を取れるとは思えない。
    ■翻って、自分自身も、果たしてどこまで「経営者目線」で支援の中で発言できているか。
    どこまでも突き詰めていかねばいけないと、改めて感じました。
    メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉