皮膚科クリニック向け
コンサルティング

皮膚科クリニックの経営上の特徴と動向

1.皮膚科は開業コストが低く、収益率の高い科目。

皮膚科クリニック向けコンサルティング皮膚科の開業は、他科に比べると開業コストが低いと言えます。最低限の保険診療の中で必要な設備や機器は顕微鏡くらいで診療が可能です。炭酸ガスレーザーなどの機器を開業時に導入するケースもありますが、現実的には、本当に必要な医療機器はそれほど多くありません。どんなコンセプトの医院でどんな治療をしていきたいかにより、本当に必要な機器にのみ投資し、開業コストをおさえつつ、特徴づけをしていきましょう。

2.皮膚科医の増加、開業競争が激化

皮膚科は緊急性の高い疾患も少なく、前述したように開業コストが低くおさえられるということもあり、皮膚科医は増加傾向にあります。ここ10年で15%(出典:医療経済実態調査)も皮膚科医は増加しています。とりわけ、女性医師の増加は顕著でこの傾向は今後も続いていくと予想されます。

3.女性を意識した院内環境づくりが今後は重要

保険診療の場合は、小さな子供から高齢者まで幅広い患者層がいるのが皮膚科の特徴です。今後は、診療報酬が下がっていくことも予想されます。その場合には、保険外診療などに力を入れていくことも考える必要があるでしょう。皮膚科の場合、保険外診療はしみ治療などの美容診療になります。

そうなると、女性視点での医院づくりが重要です。院内の雰囲気づくりだけでなく、ハード面でも女性が使いやすいつくりにする必要があります。パウダールームを設置したり、子連れの方でも利用しやすいつくりを考える必要があります。

皮膚科クリニックの経営のポイント

1.診療単価を補うために、より多くの患者さんを診察できる体制づくり

皮膚科クリニック向けコンサルティング皮膚科は、あらゆる診療科目の中で最も診療単価の低い科目です。(日本医師会「平成 22 年度レセプト調査」より)医院の医業収入は、『患者数×診療単価』で決まります。他科に比べてより多くの患者数を見ないと収益が得られません。診療の中にはムリ・ムダ・ムラが存在していることが多く、診療の質は下げずに患者一人当たりのドクター診療時間を目安として3分以下にする体制づくりがポイントです。

2.分業体制づくりのためのスタッフマネジメント

皮膚科クリニック向けコンサルティング診療効率を上げるためには、トークや説明を補うツールなどが重要です。また分業体制をひくことが重要となります。例えば、院長が診察の中で問診~診察~カルテ入力などすべてを担っていると、診療効率が上がっていきません。そうなると、問診やカルテ入力などはコメディカルスタッフと分業していく必要があります。医療知識が乏しいコメディカルスタッフでも、マニュアルなどを整備することで戦力化していくことができます。

3.美容診療の導入で、より収益率の高い体制づくり

医業収入は『患者数×診療単価』で決まるとお伝えしました。診療単価も、保険診療と保険外診療に分かれます。もともと保険診療の単価の低い皮膚科ですが、保険外診療に積極的に取り組むことで収益率があがっていきます。
しかし、保険診療と保険外診療の両立することが難しいケースもあります。スタッフ主体で取り組める保険外診療を導入し、しっかりと診療効率の高い体制(保険外診療を取り組む余力のある体制)をつくることが保険外診療活性化の鍵になります。

皮膚科クリニックの成功事例

医療法人社団 清優会 三鷹はなふさ皮膚科

「皮膚病診療・美容医療で患者様の信頼を得て保険収入3倍、自費収入15倍に成長!」
医療法人社団 清優会 三鷹はなふさ皮膚科

外科出身の手術を得意とする皮膚科医。やれること、アイデアはいろいろあったが思いつくまま手を出さず、治療をしてあげたい相手に届く告知を心がけたことで、対応が追いつかないほど来院数が急増した。詳しくはこちら


【診療効率化モデル】首都圏C皮膚科
Dr.1人、患者数150人/日、診療延長時間 2時間→0分!

皮膚科クリニック向けコンサルティングうちの医院では毎日多くの患者さんが来院していただいていたものの、患者さんの待ち時間がいつも2時間待ち、3時間待ちとなってしまうことが大きな問題でした。丁寧に診察することは心がけていたので、その点では定評があったようですが、待ち時間が長いことを理由に近隣の皮膚科へ患者さんが流れてしまうことも後を絶ちませんでした。そこで、スタッフに協力してもらう体制に大きく舵を切りました。それまで診療延長時間が2時間で、帰宅するのが21時を過ぎることも当たり前だったのが、患者さんの数が減ることなく、むしろ増えても定時で終わることができるようになりました。

・スタッフさんとの分業体制構築で待ち時間は削減できる!先生も楽になるその方法。
・待ち時間削減の三本柱は「前問診」&「再診問診」&「クラーク導入」


【WEB強化モデル】関西圏B皮膚科
近隣競合皮膚科医院が5件なのに、1日保険患者数 40人→150人!

皮膚科クリニック向けコンサルティング大阪のベッドタウン機能を持つこの町には、駅前に5件もの皮膚科医院が集う競合環境の厳しい地域です。保険中心の診療を行っていたものの、一昨年は1日あたり40人ほどの患者さんにしか来ていただけない状況で、繁忙期であるはずの夏場でも暇をもてあますような状況でした。そんな折に参加した船井総研の皮膚科セミナー。集患のために必要なこと、そして時代が求めていることは「WEB強化」という話を聞き、それまで苦手だからと敬遠していたホームページの作成に着手。最新のホームページを作成して、競合皮膚科医院を押しのけ、地域での検索順位1位を獲得。それからは新患の数が激増し、それまでの3倍 以上の患者さんに来てもらえるようになりました!

・地域一番ホームページはこう作る!検索順位上位表示法
・患者さんが来院する!ファンになる!ホームページのデザイン&コンテンツ


【新卒スタッフ中心モデル】O県D皮膚科
新人スタッフ中心の組織へ改革!スタッフ退職率 40%→0%!

皮膚科クリニック向けコンサルティング中途やパート体系で採用をしてはスタッフが長続きせずやめてしまっていました。もちろん私にも問題はあったのかもしれませんが、新しい風を入れることで医院の雰囲気を変えてみようと、4年前に初めて医療事務の新卒採用を行いました。学校との関係性をしっかり作ることで、初年度から2名の新卒医療事務の採用に成功。同時に、教育の体系やミーティングの体系も見直し、私が直接関わらなくても育つ体制を作っていきました。以来3年間、毎年新卒採用に力を入れ、若く元気のある医院へと変化!スタッフもしっかりと定着化し、患者さんからも「ここに来れば元気になる」 と言ってもらえる医院になり、スタッフのことで悩む時間が大きく減りました。

・新卒の採用と教育はこうすればうまくいく!新人が採れる、育つ仕組みとは!?
・ミーティングが盛り上がらない… そんな先生の悩みをなくす活性化会議!


【脱毛特化モデル】Y県A皮膚科
商圏人口20万人の地方都市でも月間自費収入 100万→500万!

皮膚科クリニック向けコンサルティング私の医院がある街は周囲を山に囲まれていて、人口は約20万人。これ以上の人口増加が見込めない地域のため、自費診療を強化して売上の増加を図ることにしました。 美容医療の中でも特に、ニーズの多い医療脱毛に特化して、取り組みをスタート。脱毛はスタッフだけで売上を作れるところも 魅力のひとつでした。美容治療専門ホームページのほか、保険 患者さんを自費へ誘導する取り組み、口コミが発生する取り組みなどを積極的に仕掛けていくことで、地域での知名度を高めることに成功しました。今では脱毛機を3台備えていて、自費で毎月400万円~500万円が安定して出るようになっています。

・一から始める!看護師主体で運営する美容治療導入手法
・地域で圧倒的認知度を上げる美容専門ホームページの秘密を大公開!


 

皮膚科クリニック向けコンサルティングメニュー

項目 内容
1.月次コンサルティング
(顧問契約)
医療経営の専門コンサルタントによる顧問契約です。理事長・院長の経営参謀として、業務効率化から集患・増患まで、様々な経営のアドバイスを行い、医院経営の改革を進めます。
2.診療効率化コンサルティング 診療効率度調査をもとに、診療効率をあげるためのプランニングを行います。そのプランニングをもとに、スタッフを巻き込んで分業体制の構築を目指します。
3.脱毛導入コンサルティング 美容診療の中でも、低リスクでスタッフ主導で実施できる脱毛導入のコンサルティングをいたします。集客からカウンセリング、固定客化の仕組みを構築いたします。
4.開業コンサルティング 単にオープンさせるだけの開業コンサルティングとは一線を画して、開業後の医院の安定経営と発展を重視したコンサルティングを行ないます。
5.WEBマーケティング支援 単に名刺代わり・道案内のためのホームページではなく、正しい医療情報を伝え、集患・増患につながるホームページ作成、作成後の運用を支援します。
6.採用コンサルティング 看護士をはじめ、医療スタッフの採用を支援します。採用サイト、パンフレット作成、説明会プロデュースなど、単発の採用ではなく、「継続的に採用できる体制構築」を支援します。
7.評価賃金制度構築 医療スタッフがモチベーション高く働けるように、貴院に適した評価賃金制度を構築します。
8.クラーク教育研修 診療効率をあげるために、電子カルテ入力を担うクラークを研修で育成いたします。
9.スタッフ接遇力アップ研修 「新人研修」「チーフスタッフ育成研修」「接遇力アップ研修」等、貴院の課題、テーマに応じた実践的な研修を実施致します。
10.財務コンサルティング
(資金調達・資金繰り・財務基盤強化)
資金管理の徹底と継続をするための仕組み作り、資金調達等、銀行交渉に関する支援を行います。
11.事業承継コンサルティング 税理士・会計士・弁護士・銀行の専門知識を集約し、適切な承継について支援します。

皮膚科クリニック向けCD/DVD教材

皮膚科医院経営マニュアル&解説DVD

皮膚科医院経営のバイブルとなる即実践可能マニュアル&DVD ポイントを押さえれば、先生の医院もさらに飛躍する! 先生の医院が永続するための処方箋! 真の患者満足・診療効率・安定した収益性を実現する皮膚科医院経営の極意! 全国・・・

詳しくはこちら

皮膚科医院のための超効率的診療体制構築DVD

皮膚科医院のための超効率的診療体制構築DVDダイジェスト ・地域で一番の皮膚科医院になりながら効率を上げていく ・患者満足と診療効率 ・1億円の壁を越えると、悩みはすべて解決される ・超効率的な診察オペレーション

詳しくはこちら

皮膚科クリニック向けセミナー

【終了】しみ治療参入活性化セミナー

高い治療成果で、地域一番クリニックを目指す しみ治療専門セミナー 【しみ治療参入活性化セミナー】

【東京会場】 2017年3月20日(月) 13:00~17:00(受付12:30~) (株)船井総合研究所 東京本社 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階 JR東京駅丸の内北口より徒歩1分 ・・・

詳しくはこちら

【終了】しみ治療参入活性化セミナー

地域で一番患者さんに支持されるシミ治療のクリニックへ! シミの診断・治療 集患 カウンセリング 手法を大公開!

【東京会場】2016年4月24日(日) 13:00~17:30(受付12:30) TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター 〒104-8388東京都中央区京橋1-7-1戸田ビルディング 1F/4F/5F/7F/8F/9F JR東京駅・・・

詳しくはこちら

皮膚科クリニック向け定期勉強会

クリニック経営研究会 皮膚科・美容医療分科会

クリニック経営研究会 皮膚科・美容医療分科会とは 日々皮膚科医院の永続・成長を目指して経営に取り組んでいらっしゃる全国の院長先生向けに、船井総合研究所より最新のマーケティングノウハウやマネジメント手法、業績向上につながる情報や事例の提供、・・・

詳しくはこちら

担当コンサルタント紹介

北里 淳(キタザト ジュン)

医療・介護・教育・福祉支援部 グループマネージャー チーフ経営コンサルタント

2006年   青山学院大学 卒業
2006年   船井総合研究所 入社
2011年   船井総合研究所 チームリーダー
2013年   船井総合研究所 第三経営支援部 グループマネージャー

詳しくはこちら

新谷 章(シンタニ アキラ)

医療・介護・教育・福祉支援部 チームリーダー

入社後は、広告・印刷業界、自動車業界、弁護士、司法書士業界等、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおけるコンサルティングに従事。
現在は、医療業界に専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。
特にWEBマーケ・・・

詳しくはこちら

寺嵜 孔希(テラサキ コウキ)

医療・介護・教育・福祉支援部

2015年 関西学院大学 卒業
2015年 船井総合研究所 入社
歯科医院/住宅会社/旅行会社/美容室/エステサロンのコンサルティング経験を経て、現在に至る。

詳しくはこちら

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉