内科クリニック向け
コンサルティング

内科クリニックの経営上の特徴と動向

1.他科目と比べて競争が激しい内科クリニック

内科クリニック向けコンサルティング内科クリニックは、すべての一般診療所の60%を占め、歯科診療所の約68,000件という数には及ばないものの、全国に61,207施設(平成23年 医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況より)が存在しています。都心部では駅前など多くの内科クリニックが集中しているところも目立ちます。他の内科クリニックとの差別化について、考えていくことを避けられない状況になりつつあります。

内科クリニックの施設数

内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎臓内科 神経内科 糖尿病内科 血液内科
61,207 7,336 12,034 17,353 1,169 2,901 2,440 364

出典:厚生労働省 平成23年 医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況

2.狭い診療圏の中でのクリニック経営

クリニック数が多く、競争が激しいということは、1クリニックあたりの診療圏(商圏)や対象人口が少ないということを意味します。内科クリニックの1クリニックあたりの対象人口を計算すると約2,000人となり、これは他の診療科目と比較してもかなりの少なさとなります。(整形外科や皮膚科で約10,000人、耳鼻咽喉科は約20,000人)
この狭い診療圏の中で、いかに地域の中で来ていただける方を増やすか、あるいは遠方からでも来ていただける方を作っていくかを考えていく必要があります。

3.訪問診療・往診・訪問看護を行うクリニックが増加

一方で、全国的に訪問診療や往診、訪問看護を行うクリニックが増加してきています。
国の医療政策の方針が在宅に向かっており、また少子高齢化に伴う小児患者の減少や、地域での訪問サービス需要の高まりなどを踏まえての動きです。他院との差別化を図る上での取り組みと見ることもでき、今後もこの流れは加速していくと考えられます。

内科クリニックの経営のポイント

1.専門特化した打ち出し方で、自院独自の価値を訴求

内科クリニック向けコンサルティング内科クリニックの経営を考える上で、競合が多い中でいかに自院の特徴を明確にし、他の医院との違いを打ち出すかが重要です。もちろん消化器病専門医、循環器専門医といった専門医を持っている先生や、得意としている症例など、それぞれの内科医院の独自の強みは存在するのですが、患者にその強みを認識されていないことが多々あります。その中で、「がん治療専門」「糖尿病治療専門」「漢方外来」「禁煙外来」「アンチエイジング外来」といったように、一般の患者さんにも伝わりやすい専門性の訴求を図っていくことが大切となってきます。
船井総研のコンサルティングでは、内科独自の価値を掘り下げ、患者に伝える、ことを重視しています。

2.「町のお医者さん」「地域のかかりつけ医」としてのコミュニティ形成

内科クリニック向けコンサルティング診療圏が小さい内科クリニックだからこそ、その狭い診療圏の地域の方から、いかに支持されるかが大切になります。自院の特徴を活かしたコミュニティ(患者様の会、家族の会)の形成や地域住民向けの勉強会・セミナーの開催、関係医療機関の地域連携を高めていくことで、「何か困ったときには先生のところへ」という基盤形成につながります。それが自院の経営の安定につながります。
船井総研のコンサルティングでは、地域の患者から必要とされ、愛される内科クリニック創りを支援しています。

内科クリニック向けコンサルティング

3.WEBを中心とした情報発信の強化

自院の特徴を患者に伝えるためには情報発信が不可欠です。情報発信型ホームページの設置、SEO(検索順位上位表示)対策は、これからの時代の医院経営には不可欠です。まだ競合クリニックがしっかりとした対策をできていない今だからこそ、先行してホームページを充実させることが大切です。船井総研のコンサルティングでは、WEBマーケティングのサポートも行っています。

内科クリニック向けコンサルティング

4.在宅・訪問分野への参入

時流と地域ニーズを鑑みたときに、在宅・訪問分野への参入もクリニック経営を発展させ、地域から支持されるクリニックとなっていくための選択肢として検討する価値があります。船井総研では、内科クリニックの在宅・訪問診療参入のコンサルティングも行なっております。

内科クリニックの成功事例

外来診療に訪問付加で月間医業収入プラス300万円

関西の政令指定都市の郊外にあるAクリニック。駅前立地ですが、競合の内科医院が10院もあり、また自院よりもいい立地の医院が多いために、外来の患者さんに伸び悩んでいました。
午後の診療時間を調整し、地域でニーズのあった訪問診療に着手。地域の介護施設やケアマネージャーさんとの連携に取り組み、多くの紹介を得られる仕組みを半年間かけて確立。当初は少なかった患者さんの数も、訪問ルートを確立するにつれて安定して増加しました。外来診察の時間を削ったために、外来患者の減少はあったものの、訪問でしっかりと売上を立てられる体制をつくることができました。
医業収入は、当初の月700万円の体制から月1000万円を上回る体制になり、開院当初からの目標であった1億円の大台を突破しています。

専門性×WEBで初診患者数倍増に成功

東北地方の政令指定都市に位置するHクリニックは、内科・循環器内科・神経内科を標榜する内科クリニックです。当初は3つの診療科目を並列に訴求していましたが、競合状況が激しいせいか、思うように初診患者が集まらず、医業収入も伸び悩んでいました。
そこで3つある診療科目の中から、先生の専門分野である糖尿病にフォーカスすることを決断。WEBで徹底的に訴求することで、当初月50名程度だった初診患者が100名まで増加。
その結果医業収入も毎月、昨年対比約20万点の増加と順調な伸びを続けています。

内科クリニック向けコンサルティングメニュー

項目 内容
1.月次コンサルティング
(顧問契約)
医療経営の専門コンサルタントによる顧問契約です。理事長・院長の経営参謀として、業務効率化から集患・増患まで、様々な経営のアドバイスを行い、医院経営の改革を進めます。
2.医院経営診断 「診療圏分析」「カルテ分析」「患者満足度調査」「診療報酬分析」「診療効率分析」「院内ヒアリング」「競合医院調査」を実施し、医院経営の課題把握と、改善の方向性を導出します。
3.医院経営戦略・計画策定
(上記診断とセットでのご依頼になります。)
理事長・院長とスタッフが一丸となって向かっていける、医院の経営戦略、経営計画を策定します。必要な販促ツールや帳票類の整備も行ないます。
4.開業コンサルティング 単にオープンさせるだけの開業コンサルティングとは一線を画し、開業後の医院の安定経営と発展を重視したコンサルティングを行ないます。
5.WEBマーケティング支援 単に名刺代わり・道案内のためのホームページではなく、正しい医療情報を伝え、集患・増患につながるホームページ作成、作成後の運用を支援します。
6.採用コンサルティング 看護士をはじめ、医療スタッフの採用を支援します。採用サイト、パンフレット作成、説明会プロデュースなど、単発の採用ではなく、「継続的に採用できる体制構築」を支援します。
7.評価賃金制度構築 医療スタッフがモチベーション高く働けるように、貴院に適した評価賃金制度を構築します。
8.スタッフ教育・研修 「新人研修」「チーフスタッフ育成研修」「接遇力アップ研修」等、貴院の課題、テーマに応じた実践的な研修を実施致します。
在宅・訪問医療への参入コンサルティング。増患からケアマネージャーとの関係性づくりまでサポートさせていただきます
9.財務コンサルティング
(資金調達・資金繰り・財務基盤強化)
資金管理の徹底と継続をするための仕組み作り、資金調達等、銀行交渉に関する支援を行います。
10.事業承継コンサルティング 税理士・会計士・弁護士・銀行の専門知識を集約し、適切な承継について支援します。

内科クリニック向けセミナー

【終了】クリニック経営研究会 5月度拡大例会

ANAが大切にしている習慣”チームづくりと人財育成

【東京会場】2016年5月22日(火) 11:00~17:00(受付10:30~) (株)船井総合研究所 東京本社 〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-6日本生命丸の内ビル 21階 JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

詳しくはこちら

担当コンサルタント紹介

北里 淳(キタザト ジュン)

医療・介護・教育・福祉支援部 グループマネージャー チーフ経営コンサルタント

2006年   青山学院大学 卒業
2006年   船井総合研究所 入社
2011年   船井総合研究所 チームリーダー
2013年   船井総合研究所 第三経営支援部 グループマネージャー

詳しくはこちら

田熊 孝治(タグマ コウジ)

医療・介護・教育・福祉支援部 チームリーダー

大学卒業後、船井総合研究所に入社。
入社以来、歯科・矯正歯科、医科では耳鼻科・小児科・美容外科などクリニックを中心とした医療業界のコンサルティングに従事。
現在は耳鼻咽喉科、内科、心療内科などの医科診療所に特化したコンサルティングを行っ・・・

詳しくはこちら

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉