• HOME
  • > 取材レポート
  • > 健康な方まで、わざわざ全国から来院する銀座のアンチエイジング専門医院

健康な方まで、わざわざ全国から来院する銀座のアンチエイジング専門医院

銀座上符メディカルクリニック

近年、アンチエイジング療法や予防医学に対する認知度が少しずつ高まってきましたね。

銀座上符メディカルクリニックそうですね。例えば、皮膚科や美容外科は自費領域の治療があるのでアンチエイジングの考え方が既に広まっていますが、実は内科的なアンチエイジングの考え方はまだまだ世の中には広がっていないように感じます。ただようやく、遅延型フードアレルギー・有害重金属・キレーション療法といったキーワードが少しずつ市民権を得てきたように感じます。最近では、患者さんからキレーション治療を求めて、わざわざご来院していただくケースも増えてきました。

そうなんですね。
では次に、貴院で行っておられる「アンチエイジング療法」についてお教えください。

銀座上符メディカルクリニックまず当院では、アンチエイジング療法の肝である「検査」に注力しています。よく検査と言うと、患者さんは人間ドックをイメージされる方が多いですが、人間ドックにおける検査の概念とアンチエイジングにおける検査の概念は大きく違うんです。人間ドックは、「標準値とご自身の値を見比べる」ために検査を行いますが、アンチエイジング療法では「理想値とご自身の値を見比べる」ために検査を行います。そして、理想値と比較して、例えば水銀や鉛などが多ければ、それらを除去するような治療を行っていきます。他には、ホルモン検査の場合には、ホルモンの総合評価表を使いながら、DHEAホルモンを投与して理想値に近づけていく治療を行ったりもしています。

この検査の中には、遅延型アレルギー検査や有害重金属検査などがありますが、患者さんがご希望される検査は当然実施させていただきますし、これはやった方が良いという検査があればこちらからご提案させていただくこともあります。ちなみに、基本的に当院では私が全患者の診察や診断を行いますので、1日7名しか診ることはできませんが、初診患者には私が1時間みっちりとお話させていただき、その内容を踏まえてオーダーメイド型の治療プランを提案させていただいております。

例えば、ホルモン治療は継続して長く続けていただくことが重要ですので、よく効くけど副作用が強い合成ホルモンではなく、天然型のホルモン剤(サプリメントやクリーム)をお渡ししています。天然型ホルモン剤の一つである、DHEAホルモン剤は原材料がヤムイモなので、安心して患者さんにお使いいただけるため、当院ではよくお渡ししております。

他には、血液検査の結果に判明したアレルギーについては、基本的に約6カ月間はその食材に対する抗体が体内から無くすために、一切口にしないように指導させていただいています。あるいは、スポーツ選手の中で筋肉を付けるためにプロテインを過剰摂取している方もよく見受けられるので、そのような方にはバランスの良い食事療法を指導させていただくこともあります。あとは、有害重金属のキレーション療法は、週に1回~10日の来院ペースで、約半年間程度かけて治療していきます。

なるほど、よくわかりました。
では次に、「医院経営」についてお聞かせください。

銀座上符メディカルクリニックまず治療費についてですが、当院の1人の患者さんの1月あたりの治療費は、大よそ5,000円~15,000円程度です。患者さんの中には、銀座の医院なので構えてお越しくださる患者さんもいますが、やはりアンチエイジング療法は継続が重要ですので、できるだけ1月あたりに掛かる治療費の負担を軽減できるようにしています。

あと患者層としては、年齢も性別も職業も多種多様だというのが実態です。幼稚園生から80代の方まで、病気をされている患者さんからご健康な方まで、全国からご来院されています。ちなみに、病気をされている患者さんの中には、うつ病やアトピー、糖尿病など疾患をお持ちの方や原因不明の疾患でお悩みの方が約半々でお越しくださいますね。アンチエイジング医院というと、一般の方からすると少し敷居が高いとは思いますが、当院では治療費についてもホームページなどで全て公開しておりますし、特別に費用が掛かる治療はしていないため、一般の会社員の方もたくさんお越しくださいます。

実は当院では、有料広告を一切行っておりません。広告宣伝というと、ホームページかマスコミの取材程度しか行っていないので、9割がたの患者さんは既存患者さんのご紹介でご来院くださっています。特に、ご家族で罹っていただいている患者さんが多いというのが当院の特徴だと思います。

そうなんですね。
ちなみに、「人員体制」はどのようにされているんですか?

銀座上符メディカルクリニックスタッフは、受付に4名、看護師が4名で、全員常勤で働いていただいています。当院では売上高に占めるサプリメント販売比率が高いので、受付スタッフの中でサプリメントの梱包要員も配置しています。あと、看護師には、患者さんが点滴の段階に入ると、その後の点滴管理を任せています。このような人員体制のおかげで、1日合計で20~25名程度を診る診療体制を維持できています。

そうなんですね。ありがとうございます。
それでは最後に、「貴院や院長の今後の展望」について教えてください。

アンチエイジング療法おいて最も重要なことは、「質の高い治療を適正価格で提供して、長く通ってもらうこと」だと思います。だからこそ、質の高い治療を維持して長く通っていただけるように、奥が深い予防医学について日々勉強を重ねていきたいと思います。

そして将来的には、予防医学をドクターや患者さんにもっと普及させていきたいと思います。昔はスポーツジムに行くことが不思議な時代がありましたが、今では当たり前のようにスポーツジムに行く時代に変わったように、予防医学も当たり前に受ける時代を創る一旦を担いたいと考えています。そのためには、患者さんの意識改革も当然必要ですが、まずはドクターの意識改革が必要だと思っています。だからこそ、いつまでも病気を治すという視点だけでなく、予防医学の概念についても知ってもらう機会をこれからも創っていけると良いと考えています。

銀座上符メディカルクリニック

インタビュアー:船井総合研究所 田中
文責:船井総合研究所 寺嵜

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉