ちょっとした取り組みで離職が減りました

こんにちは船井総研の北垣です。
 
今回は、ちょっとした取り組みで組織風土がガラッと変わった事例を共有します。
 
ミーティングは形骸化し、スタッフの関係性が悪く離職が多い、、、そんな整形外科クリニックでした。
(※同じ悩みをお持ちの先生もいらっしゃるのではないでしょうか?)
 
その医院で行った取り組みとは・・・
 
①挨拶の徹底
②朝礼グータッチ
③イケてるスタッフみつけまshow
の3つ。
 
①挨拶の徹底
医院の目標の一つに『挨拶の徹底』としました。
朝は必ず元気よく挨拶をする。
 
最初は、院長ばかり空回りでしたが、徐々に浸透し、
1月もすればスタッフさん自らしてくれるようになりました。
 
②朝礼グータッチ
毎日の朝礼が終わったら、
院長が「今日もよろしく!」と全スタッフとグータッチをしていきます。
 
③イケてるスタッフみつけまshow
これは、スタッフルームにコルクボードを置き、
週に1回イケていたスタッフの名前とイケていたポイントを付箋に書いて貼っていきます。
 
そこで、一カ月の間でもっとも多く名前を書かれていたスタッフに、表彰&金一封を与えるというもの。
 
たった、これだけの取り組みですが、本当に組織を変えてくれます。
言葉やしぐさというのは心理面に大きく影響を与えることを実感しました。
 
もうすぐ4月となり、新入職員が入ってきます。
「スタッフの雰囲気が悪い」と感じられている先生方は、
これを機会に、組織を変えるための取り組みに着手してください。
 
最期までお読みいただきありがとうございました。
 
 


経営研究会のご案内

クリニック経営研究会のご案内《無料お試し参加受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

 
 


経営研究会のご案内

病院経営研究会のご案内《無料ご招待好評受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

今回の担当コンサルタント

医療・介護・教育・福祉支援部

北垣 佑一(キタガキ ユウイチ)

島根県出身。首都大学東京(旧:東京都立大学)作業療法学科卒業。
急性期総合病院にて作業療法士として勤務したのち、船井総合研究所入社。
医療現場での経験から、患者中心、多職種連携、エビデンスに基づいた医療サービスの普及に尽力している。

 
 
 

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉