クラークを育てる2つのツール

いつも「めでぃまが!」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
船井総合研究所の寺嵜(てらさき)です。
 
今回は、診療スピードを上げるコツの紹介として、
「クラークを育てる2つのツール」をご紹介させていただきます。
 
 
①電カル入力マニュアル
 
これは、クラークがコモンディジーズに関する所見・病名・処置処方を、
電子カルテに入力する際に使える教科書のようなツールです。
 
コモンディジーズだけでも、電カルに入力する教科書があれば、
新人スタッフが入ってきた時でも早くクラークを育成できます。
 
ですので、例えば、新しいスタッフさんが入ってくるタイミングにでも、
このツールをスタッフさん達に作ってもらうのも良いかと思います。
 
②電カルシートのフォーマット
 
これは、電カルに入力する際のシートフォーマットのことです。
 
皆様の医院でご使用されている電カルの仕様によって、
シートフォーマットの作成が可能かどうかは分かれますが、
もし作成が可能であれば、ぜひ作成されることをお勧めします。
 
完成までには時間がかかるツールではありますが、
これさえあれば、入力の手間が一気に軽減されて、
クラークが簡単に電カル入力をできるようになります。
 
以上が、クラーク育成・戦力化に使えるツールのご紹介でした。
 
これから新人スタッフが入ってくる医院もあるかと思いますが、
早期戦力化のツール作成時に、ご参考にしていただければ幸いです。
 
 


経営研究会のご案内

クリニック経営研究会のご案内《無料お試し参加受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

 
 


経営研究会のご案内

病院経営研究会のご案内《無料ご招待好評受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

今回の担当コンサルタント

医療・介護・教育・福祉支援部

寺嵜 孔希(テラサキ コウキ)

皮膚科クリニックを対象に、「web集患」を指南するスペシャリスト。
中でも、年間医業収入0.8~1.5億円の皮膚科クリニックを対象にした、「ホームページの活性化とSNS活用による集患力UP支援」が得意。
豊富な情報量を基に、Webを活用した、“業績に直結する”集患の仕組みを作る提案が可能。
 
 
 

メールでのお問合せお電話でのお問い合わせ・ご相談 0120-958-270 〈平日10:00から18:00/土日を除く〉