ホームページを徹底活用した内科クリニックでの増患対策のポイント

2019年05月24日 (金)

科目:
総合
コラムテーマ:
総合

いつもめでぃまがをお読みいただきありがとうございます。
船井総合研究所 医療コンサルタントの川本です。
今回のメルマガでは、ホームページを活用した増患対策のポイントに
ついてお伝えさせていただきます。最後には最新のWEBマーケティング
ノウハウをお伝えするセミナーの情報も記載していますので、
ぜひ最後までお目通しください!

■ホームページは増患において重要な役割を担っている
クリニックにおいて、ホームページが増患対策のための最も重要な
ツールの内の一つであることは、先生方も感じられていることかと思います。

しかしながら、
・ホームページを開業時に作ったはいいものの、その後特に
何の手入れもせず放置しており、どのような内容を書いたかも覚えていない
・ホームページ業者に勧められるがままにコンテンツを作成し、
それらのページがどのような意味を成しているか分からない

という先生も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ホームページは「ただ作っただけ」では、増患効果を充分に発揮する
ことはできません。どれだけ素晴らしい医療を提供していても、
それを適切に広報できていなければ、患者さんが先生のクリニックの
ことを知る術はないのです。

しかしこれからお伝えする「2つのポイント」を意識していただくことで、
増患に非常に効果的なホームページへと変貌させることができます!

■ポイントその(1)“入り口対策”
まず一つ目のポイントは“入り口対策”、つまりホームページへの
入口を広げることにより、閲覧者数(アクセス数)を増やすための
対策です。

ホームページへのアクセス数を増やす手段は様々なものがありますが、
ここでは最も根本的な考え方として、ホームページ内容の充実化を
挙げさせていただきます。

患者さんが、自身が通院すべきクリニックをインターネットを用いて
探す際、大きく2種類の検索手段がとられます。それは、
「地域名×診療科目」または「疾患名(症状名)×地域名」です。

そしてインターネットの検索結果には、患者さんが検索したキーワード
に最も合致していると想定されるWEBサイトが上位に表示されます。
この時、クリニックのホームページの内容として、

・住所や電話番号、診療科目などの基礎情報しか載せていないホームページ
・基礎情報に加え、先生が専門として診察することのできる疾患に
ついて、その疾患毎に病態から症状、治療方法まで詳しく記載されて
いるホームページ

と、どちらが「クリニークを探している」患者さんにとって有用な
情報を提供できているかは明確だと思います。そして、その
「患者さんにとっての有用性」は、検索結果の表示順位にも
大きく影響します。

当然検索順位が高ければ高いほどクリックされる率=アクセス数は
上がりますので、基本的にはホームページの内容を適切に充実させる
ことは、ホームページの閲覧数を増加させることにつながります。

■ポイントその(2)”出口対策“
二つ目のポイントは、ホームページを訪れた見込み患者さんが実際に
自院に来院してくれる率を高めるための対策、いわばホームページの
“出口”までの導線対策です。これは、患者さんがホームページを
見て「ここのクリニックであれば安心して通院できる」と感じて
いただけるか、「初診の際、どのように通えばよいか」が分かりやすいか、
ということが大切です。

初めての医療機関を訪れる患者さんは、私たちが思っている以上に
不安な気持ちを抱かれています。ここで先生のお人柄や診療方針が
分かるような情報や、初めてクリニックに訪れる際のポイントが
ホームページにきちんと掲載されていることで、患者さんが安心感を
覚え来院につながりやすくなります。

そしてここで予約制を導入しているクリニックの場合は、
ぜひWEB予約システムの導入をご検討していただければと思います。

これは、ホームページによる集患対象となる比較的若い世代は仕事を
している人も多く、クリニックが開いている時間帯に予約のための
電話をかけることができない人も一定数いらっしゃるからです。
WEB予約システムを導入しホームページ上から24時間を通して受付を
行うことで、「受診しよう」という思いをすぐに行動に移して
いただくことができます。

なお予約システムは様々な会社がそれぞれの特徴をもってサービスを
展開していますので、しっかりと見比べて「先生にとって」だけでなく、
「患者さんにとって」使い勝手が良いか、ということも含めて
検討すると良いでしょう。


■【6月16日(日)東京開催】~内科クリニック向け~ 集患・院内
オペレーション最適化セミナーのお知らせ

さてこの度、上記の「WEB予約システム」を上手に活用することに
よって戦略的な増患を達成するとともに、院内オペレーションを
最適化するためのノウハウをお伝えするセミナーが<先着30名限定>
にて開催されます。

セミナーの詳細はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/tyt7i

当セミナーはNo.1病院口コミサイトのCaloo様が主催で、
船井総研のコンサルタントも登壇します。セミナーでは
「予約システムの導入」をクリニックの重要な経営課題と捉え、
<増患を実現するためのWEBマーケティング全体像>から
<”出口対策”としての予約システム導入ポイント>まで、
”実際の内科クリニックの成功事例”を基に、最新のノウハウを
余すことなくお伝えいたします!

・ホームページは作ったものの、ちゃんと活用できているか分からない…
・予約システムを導入したいが、種類が多くどうやって決めれば良いか分からない
・受付スタッフが電話対応に忙殺され、大きな負担となっている…

といったお悩みをお持ちの先生は、ぜひご参加ください!
なおお席に限りがございますので、セミナーのご参加は
<先着30名限定>とさせていただいております。少しでも興味のある
先生は、お早めにお申し込みいただくことをお勧めいたします。

6月16日(日)東京開催!
~内科クリニック向け~ 集患・院内オペレーション最適化セミナーの詳細はこちら!
https://peraichi.com/landing_pages/view/tyt7i

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

川本 浩史

プロフィール詳細

大手製薬・医療機器メーカーのMRを経て船井総合研究所に入社。
船井総合研究所に入社後は心療内科・内科診療所を中心にコンサルティング業務にあたっている。
前職では大学病院での消化器手術から療養病棟の輸液・栄養管理に至るまでそれぞれの臨床現場に入り込み、医療従事者と共に『より良い医療の提供』を実現するために邁進してきた。
臨床に近い現場で医師と対話を重ねてきた前職の経験を活かし、机上の空論とならず臨床現場に即したエビデンスのある実行策を提案している。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る