「介護保険者の維持期リハの終了について」

2019年03月15日 (金)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
整形外科

みなさま

船井総合研究所 北垣佑一と申します。

今回は、
介護保険者の維持期リハの終了について
お伝えさせていただきます。

ついに、
今年の4月より介護保険者の維持器リハビリが終了となりますが、
皆様の医院では、それらの対策ができていますでしょうか?

まず、結論から申し上げますと、
多くの医院様には、外来リハスペースでの通所リハの開始をおススメしています。

なぜ、通所リハビリを行う理由は下記のようなものがあります。
・介護保険者の維持期リハビリの継続ができる
・外来点数よりも単価がアップする
・法制度の規制緩和(外来スペースとの併用がOKになった)
・介護保険者が競合の医院に流れるのを防ぐ
など、があります。

診療報酬改定をみていても、医療保険と介護保険の分化と連携について
今後もこの流れは加速していくことが予想されます。

ぜひ、いまのうちから介護保険でのリハビリの対応を進めていくことが必要です。

——————————————————————–
下記のようなお悩みをお持ちの方へ無料の経営相談を受け付けています
☑ 申請の仕方がわからない
☑ どんな加算を取るべきかわからない
☑ そもそも参入すべきか判断がつかない
☑ 通所リハビリって収益がでるの?

1法人につき1回無料の経営相談をご用意させていただいております。
すこしでも気になる方はお気軽に下記のURLよりお申し込みください。

▼無料経営相談のお申し込みは下記よりお願いします▼

https://byoin-clinic-keiei.com/fairing/study/100643/
——————————————————————–

ぜひ、後手後手に回るのではなく、
制度改定に振り回されないクリニックにしていきましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

北垣佑一

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北垣 佑一

作業療法士としてのキャリアと経験を活かし、現場に配慮したコンサルタントを目指します。
病院勤務時代は、看護部との連携による病棟患者の10:1病棟患者のADL向上による在院日数削減への取り組みの実績があります。
『医療の質向上×業績向上』をモットーに、病院経営に貢献させていただきます。
■得意分野
リハビリテーション科
整形外科
通所リハビリテーション
訪問看護ステーション
多職種連携

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る