皮膚科医院と接遇

2011年03月28日 (月)

科目:
皮膚科
コラムテーマ:
皮膚科

どうも、皮膚科医院経営コンサルタントの北里です。

医療機関において接遇は非常に大切な要素です。

こんな言葉があるのをご存知でしょうか?

”技術は上で決まり、接遇は下で決まる”

患者さんにとって、技術は院長の治療技術を見て

判断します。

しかし、接遇はスタッフの中でも最も接遇レベルの

低いスタッフを見て判断するのです。

スタッフが複数人いれば、レベル差があります。

どんなにレベルの高いスタッフがいても、

患者さんは最もレベルの低いスタッフの対応で

医院のレベルを判断してしまうのです。

いくら技術研鑽をしても、患者さんには伝わりにくい

ものです。

一方でスタッフの接遇はダイレクトに患者さんに

伝わります。

選ばれる医院になるためには、一番レベルの低い

スタッフのレベルアップが欠かせないと感じています。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る