■理念経営とワンマン経営の違い

2015年09月14日 (月)

コラムテーマ:
病院
■どちらも経営者が引っ張るという、トップダウン経営であることは同じ。
■どこが違うのか。
■共有するものの違い。
理念経営=経営者の判断軸、理念を共有し、やり方は現場任せ。同根異才。
ワンマン経営=やり方だけ共有。現場のやり方は無視。
たった一つの違い。
共有するものが、在り方なのかやり方なのか。
■理念経営をするにも、トップダウン型であることは変わりない。
■あるご支援先からの質問。
「自分の言うことが正しいかわからない。組織の中にイエスマンばかりになっても、、、」
組織の中には、プラス発想のイエスマンばかりでいい。
なら、経営者はどうやって自分の判断や価値観が正しいかどうかに自信を持つか。
それは、他の社長や先進事例に触れ、良い会社、進んだ会社の価値観や行動を学び続けることでしか、自分の価値観を高められない。
だから、船井総研のセミナーやクリニック、研究会で学ぶ。
やり方ではなく、「伸びる社長」が持つ価値観、判断基準を学ぶ。
■だから、船井総研のセミナーは、
やり方を伝えるのではなく、
なぜこれをやるか、という経営判断軸を伝える。
■経営者は意思決定が仕事。
船井総研の経営コンサルタントは、意思決定のアドバイス業。
■まずは自分自身が、伸び続けるための意思決定のプロになろう。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

プロフィール詳細

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る