交通事故の概要

2018年08月02日 (木)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
整形外科

こんにちは。
船井総合研究所の野中達裕です。

今回は
「交通事故の概要」に関してお伝えさせていただきます。

交通事故の患者を受け入れることを積極的に行いたくない
という先生が多いのが実情です。

このような結果となった要因として

・治療目的だけではない患者が多い
・法律関係の書類が多い
・保険会社から連絡が多い

などが理由としてあげられます。

実際このような3つの理由から避けられる先生が多いですが
交通事故の患者の積極的受入れによって
経営を安定させているクリニックがあることも事実です。

経営の安定のために一度交通事故の患者受け入れに関して
お考えいただく機会となれば幸いです。

今回のメルマガでは
1、交通事故患者からの整形外科の役割
2、交通事故患者の増やし方
3、交通事故患者受け入れによる増収シミュレーション
の3点についてお話させていただきます。

1、交通事故患者からの整形外科の役割

交通事故患者にとって整形外科に通う理由として

①、痛みを取るため
②、慰謝料をもらうため
③、必要な書類をもらうため

の3点があげられます。

特にこの3つの内、②、③に比重が多い患者が多いため、ドクターやリハビリスタッフがモチベーション低下に繋がってしまいます。

その上、患者としては痛みを取りたいという目的であるため

・夜間も開いている
・待ち時間が少ない
・徒手でマッサージをしてくれる

という理由で整骨院、治療院に通ってしまうことが多くあります。

交通事故の患者の受け入れるスタンスによって変わってくるとは思いますが
待ち時間なくスムーズに徒手によるリハビリ体制作りをしていくことで患者側が通いたいクリニックになっていきます。
その取り組みにより、結果的に通常の保険医院の医療サービスの更なる向上にも繋がります。

2、交通事故患者の増やし方

交通事故患者の増やし方は大きく分けて3つあります。

・口コミ
・院内での告知
・WEBによる告知

もちろん口コミや院内での告知も非常に重要ではありますが
交通事故の患者となる方は最近ではWEBで調べてから来ることが多くなっております。

そのため、WEBによる告知活動を強化していくことが一番の近道となります。

例えば

・HPに交通事故の受け入れをしていることを打ち出す
・WEB上で広告を出して、積極的に集患する

などの方法があります。

WEBに力を入れ出してから、月に10名程度の交通事故患者が増患した事例もあります。

3、交通事故患者受け入れによる増収シミュレーション

交通事故の患者の単価は平均で7万~10万となっています。

交通事故の受け入れるスタンスによって異なってきますが
より受け入れ体制が整っているほど単価が高くなっていく傾向にあります。

Ⅰ、交通事故受け入れモデル(一月あたり)

・交通事故患者数:50~60名
・交通事故新規患者数:10~15名
・患者単価:6万~7万
・収益:350万~400万

Ⅱ、交通事故受け入れ強化モデル(一月あたり)

・交通事故患者数:90~120名
・交通事故新規患者数:20~30名
・患者単価:8万~9万
・収益:950万~1200万

Ⅲ、交通事故受け入れ地域一番モデル(一月あたり)

・交通事故患者数:150名~
・交通事故新規患者数:50名~
・患者単価:10万~12万
・収益:1500万~

以上のような収支のシミュレーションとなります。

今後の医院経営の安定化のためにどのラインを目指していくのか
考えていただく機会となれば光栄です。

次回以降、交通事故の被害者をどのように治療してくのか、どのように集患していくのかに関してお伝えさせていただきます。

次回もよろしくお願いいたします。

船井総合研究所
医療支援部
野中達裕

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

野中 達裕

プロフィール詳細

早稲田大学を卒業。船井総合研究所に入社。看護師、理学療法士、放射線技師、医療事務などの専門職採用に注力し、小規模から大規模の法人の採用まで規模に合わせた幅広く実績を持つ。また、現場での勤務経験を活かし、医療現場の生産性向上のための診療効率化に対する提案に定評がある。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る