「ホームページは、新規患者のクリニック認知の主流」

2019年07月09日 (火)

科目:
整形外科
コラムテーマ:
整形外科

こんにちは。
船井総合研究所 医療支援部 上藤英資です。

今回のメルマガでは、
「ホームページは、新規患者のクリニック認知の主流」
と題してお送りさせていただきます。

—————————————–
■今回の内容
1.「まだ医院を知らない人」へのアプローチ、やっていますか?
2.口コミを聞いても、結局ホームページは探します
3.若い年齢層の患者が増えるのは良いこと
—————————————–

1.「まだ医院を知らない人」へのアプローチ、やっていますか?

整形外科はこれまで、既存患者の紹介、が新規の患者様来院の理由で最も多かったのですが、ここ2,3年で、ホームページを見たのがきっかけ、という割合が増えてきています。
新規の患者様、というのは、「まだ自院のことを知らない」けれども「整形外科を探している」方です。こういった方に対して、自院のことを知るきっかけを創れているかどうか、ということを、一度お考えになられるのが良いかと思います。

数字的な面だと、
地域3番店レベル:月間の新患数50人~100人
地域2番店レベル:月間の新患数100人~200人
地域1番店レベル:月間の新患数200人以上
というのが一つの指標になるかもしれません。経営の目標よりも、自院の新患数が少ない場合、積極的な「まだ医院を知らない人」へのアプローチを行う必要があります。

2. 口コミを聞いても、結局ホームページは探します

患者様アンケートで、「来院のきっかけ」を聞いている医院は多いと思います。
この中の選択肢に、「知人からの紹介・口コミ」という選択肢を作っているケースも多く、この項目にチェックがついている数が一番多い、ケースも見られます。

そのため、「ホームページよりも口コミが多い」と考えてしまいがち、です。しかしながら、そういった方も、口コミを聞いた後には必ずホームページを確認してから来院されます。
「初めて自院のことを知る」きっかけと、「来院を決める」きっかけは、厳密には別、と言えます。紹介・口コミ、きっかけがアンケートで多いからと言って、「じゃあホームページは力入れなくてもいいよね」と言ってしまうのは、間違っています。
口コミ×ホームページ、の合わせ技で新規患者を呼び込めている、という認識が必要です。

3.若い年齢層の患者が増えるのは良いこと

とはいえ、ホームページを見て来院されるのは、60代までのスマートフォンを使いこなす世代までです。70代以上の方は、引き続き、純粋な口コミだけ、で来院される場合が多い。
そのため、ホームページが充実すると、比較的若年層(社会保険を利用する患者様、という表現もできます)の来院が増えます。
これは、患者層の若返り、医院に活気をもたらす、という意味合いでも非常に良いことです。

開業してから時期が経つと、新規患者は減る、というのが通説ですが、それは過ちです。
適切な方法で、医院のアピールをできているかどうか。そこをしっかり時代に合わせこむことで、新規患者数を維持することは可能です。

今回は「ホームページは、新規患者のクリニック認知の主流」についてお伝えしました。
ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までご相談くださいませ。

次回のメールマガジンもお楽しみに!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

上藤 英資

プロフィール詳細

入社以来、診療所のコンサルティングに従事。現在は整形外科を専門にコンサルティングを行っている。整形外科の集患強化・スタッフマネジメント・採用教育支援を行う。近年は整形外科が取り組む介護事業(デイケア、デイサービス、訪問リハ、居宅介護支援事業所など)の立ち上げ、活性化支援も手がける。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る