皮膚科医院の発展モデル

2012年04月16日 (月)

コラムテーマ:
病院

皮膚科 経営コンサルタントの北里です。
皮膚科医院のコンサルティングをする中で、
人材採用の重要性を感じます。
面接から採用までのプロセスに手を抜いている
医院が非常に多いと感じます。
患者数の多い診療科ですから、全員野球で診療
を行わないとなりません。
院長ひとりに依存した診療体系では、診察の部分で
詰まってしまい、待ち時間が発生してしまいます。
待ち時間は30分までにする。
これを実現することは不可能ではありません。
2時間、2時間半という待ち時間が当たり前になっている
のであれば、30分にすることを目標として下さい。
待ち時間を30分に抑えられれば、
今後、競合医院が近くにできても、足元がぐらつく
ことはありません。
夏の季節労働者のような働き方からも開放されます。
もう一度、見直してみてください。
院長にしかでないことと院長でなくてもできること。
それらをしっかりと棚卸しをして、スタッフとの全員野球を
目指すことで、待ち時間の削減は可能です。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

北里 淳

プロフィール詳細

医療機関のコンサルティングに10年以上の経験を持つ。
診療所(内科、皮膚科、耳鼻科、産婦人科)から病院まで幅広いコンサルティングを行っている。
現在は、医療分野全体を統括し、病院経営を中心として現場主義を徹底し、クライアントの業績アップ、幹部育成などのマネジメントを行っている。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る