vol.164「整形外科の経営数値を抑えよう(延べ患者数) 」

2018年7月12日配信

皆様
船井総合研究所 北垣佑一と申します。
今回は、「「整形外科の経営数値を抑えよう」の2つめのテーマです。
 
①延べ人数/月
②再診患者数/月
③再初診患者数/月
④新規患者数/月
⑤レセプト枚数/月
 
今回は①の延べ人数についてお伝えさせていただきます。
 
おそらく、①~⑤の数値の中で、皆様が一番意識されている数値だと思います。
延べ人数を把握することで、どのように経営に生かしていくかを考えてみましょう。
 
 
延べ人数を把握してみていただきたい数値が、
「患者一人当たりのひと月の通院回数」です。
 
算出の仕方は、各月の
延べ人数/レセプト枚数
となります。
 
 
そして、この一人当たりの通院回数を昨年と比較して増減を見ます。
 
もし昨年と比較して減っている場合、
(a)レセプト単価の減少
(b)レセプト枚数の減少
が起こっていないでしょうか?
 
 
(a)については、通院回数が減るので、下がることは容易に想像できますが、
(b)もおこりえます。
 
その理由としては、治療の途中離脱が起きている可能性です。
 
その場合、
・先生ご自身の診察を一度見直す
・スタッフの接遇強化
・リハビリ強化、、、
などの対策が必要になってくるかもしれません。
 
 
逆に、延べ人数が減っていても、
(a)(b)が起こっていなければあまり気にしなくてもよいかもしれません。
 
 
ぜひ、皆様の医院でも、一度算出してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
今回は、「整形外科の経営数値を抑えよう(延べ人数)」と題してお送りさせていただきました。
次回のメールマガジンもお楽しみに!!
 

~~【重要】科目別メールマガジン配信開始のお知らせ~~

現在、各科目共通でお送りしているメールマガジン【めでぃまが!】は、来年(2018年)より科目別のメールマガジンへ移行されます。
科目別にメールマガジンを配信することで、より科目に特化した専門的かつ有益な情報を皆様に発信いたします。
<<↓↓お申し込みは下記URLよりお願いいたします。↓↓>>
http://funaisoken.ne.jp/mt/byoin-clinic-keiei/medimaga2018.html

~~医療支援部facebookページのお知らせ~~

https://www.facebook.com/iryou271/
”いいね”していただくと定期的に明日からすぐ実践できる情報をお届けいたします!

 


無料ダウンロードコンテンツ

 


 

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る