vol.117「伸びるクリニックはココが違う!」

2016年9月1日配信

皆さんこんにちは、船井総合研究所の新谷です。
本日は、伸びるクリニックはココが違う!「3つのココ!」についてお話します。
 
 
1つめのココ:とにかく素直
我々コンサルタントがお手伝いしていても、
伸びるクリニックとそうでないクリニックが存在します。
※伸びる:収益的にもマネジメント環境的にも、クリニックが良い状態になることをさします。
 
もちろん、市場に左右される、ということもあるのですが、
伸びるクリニックは市場以外でも、ある共通項があるようです。
 
それが「素直さ」です。
言い換えるなら、とにかく、まず、やってみる。ということです。
 
学んだ内容を、まずやってみた上で、効果検証し、成果に結びつかないならやめるor改善するといった具合ですね。
世界で成功している経営者や会社を見ても、理論をこねくり回して成長した会社というのは存在しません。
PDCA(計画→実行→検証→改善)サイクルを早くまわし、
常に時流に沿ったやり方をする会社・クリニックが伸びるのです。
 
 
2つめのココ:重要指標をおさえる
もうひとつは重要指標を院長自身がおさえるということです。
経営数値などの大枠をおさえると同時に、
今、注力しなければならないポイントに院長がきちんと介入し、やりきるということです。
 
注力しなければならないポイントというのは、
たとえば保険診療の医業収入をアップしたい場合・・・
・初診の数
・再診の数
・来院導線
・広告効果の検証
といったことを院長自身がきちんと把握し、それらを伸ばすために何をすべきかということを整理しておくです。
 
 
3つめのココ:チームビルディング
魔法使いのようなウルトラCのやり方を教えてくれる!とコンサルタントには期待されがちですが、
残念ながら、そんなものは存在しません。
地道に、やるべきことを正しい順序でやりきる他ないのです。
 
ただし、そのすべてを院長が実施しようとすると、早晩体力的に限界がきます。
ですから、いかにしてスタッフの皆様を巻き込みながら目標に向かえるかが鍵になります。
 
ただ、与えられた職務を実行するだけという職場環境では、成長の天井が見えてしまいます。
どれだけチームビルディングで目標に向かえるか。
これが今後のクリニック経営の鍵になります。
 
 
いかがでしたでしょうか。
自院の経営改善に役立てていただけると幸いです。
それではまた。
 
 


経営研究会のご案内

クリニック経営研究会のご案内《無料お試し参加受付中》

▼詳しい内容・お申込みはこちら

 
 


無料ダウンロードコンテンツ

今回の担当コンサルタント

医療・介護・教育・福祉支援部

新谷 章(シンタニ アキラ)

入社後は、広告・印刷業界、自動車業界、弁護士、司法書士業界等、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおけるコンサルティングに従事。
現在は、医療業界に専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。
特にWEBマーケティング・院内活性化における独自のノウハウを持ち、多くの成功事例を持つ。

 
 

>>お問合せ・無料経営相談

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る