vol.127「クリニックに患者さんが来なくなるその前に」

2016年11月10日配信

皆さんこんにちは、株式会社船井総合研究所の新谷です。
本日は「患者さんが来ない・・・そんな時代はすぐそこ?!」と題してお送りいたします。
仰々しいタイトルですが、以下お読みいただけますと幸いです。
 
今、皆様のクリニックではおおよそ、そこまで苦労せずとも、
患者さんに通っていただいている状態ではないかと推察します。
 
しかし、その状態がいつまでも続くかというと、答えは「否」です。
 
なぜなら、
 
・人口減
・医学部増加に伴う医師数の増加
・開業医(競合)の件数増加
・診療報酬の査定厳格化
・診療報酬改定
 
といったトピックがあるためです。
 
医業収入は、単純に
医業収入=診療単価×診療人数 となります。
 
人口減や競合医院の増加で診療人数が減り、
診療報酬改定や査定強化で単価も落ちてしまえば・・・
 
このまま、無策に現状維持で医院経営を続ければ、
「衰退していく」ということは容易に想像できると思います。
 
今、クリニック経営は、大半が需要>供給という状況です。
すなわち、経営的にはボーナス期にあります。
 
皆様は、明日、隣に新しく競合クリニックができたとして、
今来てくれている患者さんが”浮気”をせずに自院に通ってくれるという自信はありますか?
おそらく大半のクリニック様が「う~ん・・・」という状況ではないでしょうか。
 
上記のような時流が変化する事象が起きても、
地域に支持され続ける(=患者さんに来続けてもらえる)クリニックになる方法がひとつだけあります。
それは、「地域一番のクリニックになる」こと。
 
”地域一番のクリニック”を船井総研のシェア理論で定量化すると、
自院の診療圏で26パーセントの患者さんを確保するということです。
 
改めて、クリニックを経営されている皆様も、開業予定の皆様も、
自院のシェア状況を確認されてみてはいかがでしょうか?
その上で、自院が地域で1番のクリニックになるために何が必要なのかを再考してみてはいかがでしょうか?
 
もし詳しい内容をご希望のクリニック様は、
無料経営相談からご相談ください。
 
それでは。
 
 


経営研究会のご案内

クリニック経営研究会のご案内《無料お試し参加受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

 
 


経営研究会のご案内

病院経営研究会のご案内《無料ご招待好評受付中》


 

▼詳しい内容・お申込みはこちら

 
 


無料ダウンロードコンテンツ

今回の担当コンサルタント

医療・介護・教育・福祉支援部

新谷 章(シンタニ アキラ)

入社後は、広告・印刷業界、自動車業界、弁護士、司法書士業界等、数多くのBtoB、BtoCマーケットにおけるコンサルティングに従事。
現在は、医療業界に専門特化し、日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。
特にWEBマーケティング・院内活性化における独自のノウハウを持ち、多くの成功事例を持つ。

 
 

>>お問合せ・無料経営相談

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る