vol.93「離職率0%のクリニック経営」

2016年4月4日配信

こんにちは。
船井総合研究所の北里です。
 
今回のタイトルである離職率0%とは極端な数字だが、私の伝えたい意図は、
「本当に残ってもらいたい人財が辞めずに働き続けたいと思う組織」という意味であり、
誰彼かまわず離職のない組織という意味ではない。
 
さて、有能な人財が辞めない組織を考える上で、医療機関のビジネスモデルに着目してみたい。
 
本来の医療機関のビジネスモデルの特徴=従業員がイメージする医療機関の労働環境と言い換えることができるからだ。
 
医療機関のビジネスモデルの特徴は3つある
 
1、労働集約型ビジネス
2、職人集団型ビジネス
3、地域密着型ビジネス
 
これらの特徴が労働環境を定義付けており、このイメージとギャップのある職場は離職率が上がりやすい。
 
1、労働集約型ビジネスとは?
労働集約型ビジネスとは、接客対応を中心とするサービス業に多く、人=商品となりやすく、人こそビジネスモデルの根幹になる。
医療機関の場合はこの「人」が女性であることが多い。女性のライフステージ(結婚、出産、育児など)に合わせた働き方のできる職場なのか?
ライフステージが変わる若い内に充分なキャリアや研鑽のできる環境にあるか?ここが離職を防ぐポイントだ。
 
2、職人集団型ビジネスとは?
医療機関は、多職種のプロが連携することで医療サービスが提供されている。ここに価値を感じでいる医療スタッフは非常に多い。
あなたの組織は、職種間の連携がしっかりとれているだろうか?職種間で看護師が事務より偉いなどのヒエラルキーが存在していないだろうか?
多職種間の連携の力こそ、その組織に定着するモチベーションになり得る要素だ。
 
3、地域密着型ビジネスとは?
医療機関の患者さんのほとんどは、地元の方々だ。
この方々こそ、あなたの組織のファン客になり得るし、中には信者客になるようなVIPな方もいるだろう。
この、既存客に対してサービスを提供するリピータービジネスとして経営ができているか?
新規客は、WEBなど経営者が自ら集める努力をするが、リピーターのさらなるリピーター化は現場の仕事になる。
既存客とのコミュニケーションはソーシャルメディアなどITを駆使して実現できる時代だ。そういうツールの活用はできているか?
患者さんがまた来ようと思える期待値を上回るサービスの提供に組織としてコミットできているか?
 
このあたりを組織として見つめ直すことが、有能な人財の継続的、持続的な雇用には不可欠である。
 
この全てを満たすことは同時には難しいかもしれない。
 
しかし、これらのことを時間をかけて実現していくことが、3年後5年後の経営に大きなプラスとなることは間違いない。
 
今後、目まぐるしい変化が予想される医療業界において、強い組織作りこそが最も重要な、経営を成功へ導くファクターだと言えるだろう。
 
 


無料ダウンロードコンテンツ

 

今回の担当コンサルタント

医療・介護経営支援部

北里 淳(キタザト ジュン)

2005年青山学院大学卒業後、船井総合研究所入社。
入社以来一貫して医療業界のコンサルティングに携わり、保険を主体とした一般皮膚科の活性化を中心に、一般皮膚科への自費診療導入~活性化に関するノウハウに定評がある。
現在は医療経営コンサルティングチームにて、幅広い診療科目のクリニック、総合病院のコンサルティングを手がけている。
自身がアトピー性皮膚炎を患った経験から、患者心理を理解し、患者を中心に据えた医院経営をモットーにしている。

 
 

>>お問合せ・無料経営相談

船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」

現場で活躍するコンサルタントによる業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の医療経営コンサルタントが無料でお届けする現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった 船井総研医療ニュース無料メールマガジン「めでぃまが!」。

これからの時代に生き残っていくため、患者様から支持される「地域一番医院」となるためのヒントや医療経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内などを盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

病院・クリニック経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る